ブログ運営

【超簡単】Word Pressでサイトマップページを作る方法

 

はじめに

サイトマップには以下の2つの目的があります。

  • 検索エンジンにサイトの構造を伝え、コンテンツのインデックス追加を依頼する
  • サイトを訪問した人にサイトの構造を伝える

目的によって、使うプラグインも変わってきます。

目的 Word Pressプラグイン

検索エンジンにサイトの構造を伝え、コンテンツのインデックス追加を依頼する

XML-Sitemap
サイトを訪問した人にサイトの構造を伝える PS Auto Sitemap

この記事では、サイトを訪問した人にサイトの構造を伝えるためのサイトマップを作成しましょう。以下のようなページがプラグインを使うだけで簡単に作成出来ます!

プラグインのインストールと設定

プラグイン新規追加 から、PS Auto Sitemapをインストールして、有効化しましょう。

次に設定 PS Auto Sitemapの順にクリックします。

設定は特にこだわりがなければ変更する必要はありません。

下の方にある、次のコードだけコピーしておきます。

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

サイトマップページの作成

サイトマップページは、固定ページで作成しますので、固定ページ から 新規追加します。

固定ページのタイトルは、「サイトマップ」としましょう。また、パーマリンクは、分かりやすく英語「sitemap」とするのが良いでしょう。

編集モードをビジュアルからテキストに切り替えます。

これはとても重要ですが見逃しやすいために注意してください。

テキストエディタに、先程コピーしたコードを貼り付けます。

ビジュアルエディタとテキストエディタを行ったり来たりしている間に、コードが消えてしまうことがあったため、テキストモードで一度貼り付けたら、ビジュアルモードには戻さないようにした方が良いと思います。

この状態で公開します。これではまだ、サイトマップページにアクセスしても、サイトマップは表示されません。

サイトマップページの記事IDを登録

先程作成した、サイトマップ用の固定ページの記事IDを確認します。固定ページ から 固定ページ一覧で確認できます。この記事IDをコピーしておきましょう。

また、PS Auto Sitemapの設定画面に戻ります。サイトマップを表示する記事のテキストボックスに先程コピーした記事IDを入力します。この記事IDのページでのみ、先程のコードを挿入している箇所に、サイトマップが表示されます。

これですべて終了です。

サイトマップページの表示確認

先程作成したサイトマップページにアクセスしてみましょう。以下のように表示されていたらOKです。

サイトマップが正常に表示されない場合の確認ポイント

サイトマップが表示されない場合は、以下の点を確認してみましょう。

  • 取得した記事IDが正確にPS Auto Sitemapの設定に入力されているか
  • 貼り付けたコードスニペットが消えてしまっていないか
  • 貼り付けたコードスニペットが、HTMLエンコードされていないか

サイトマップをメニューに追加

作成したサイトマップページもどこかからリンクをはらない限り、誰にも閲覧されることはありません。せっかくなので、メニューに追加してみましょう。外観 メニューの順に選択します。

私はパソコンのヘッダーメニューに追加したいので、以下のようにパソコン用のヘッダーメニューを選択します。

固定ページからサイトマップにチェックを入れ、メニューに追加ボタンをクリックします。

以下のようにヘッダー用メニューにサイトマップが追加されました。

ヘッダーメニューのサイトマップの確認

メニューが表示されるページを開いてみると、ヘッダーメニューに、サイトマップが表示されていることが確認出来ます。サイトマップをクリックして、きちんとサイトマップページが表示されることも確認しておきましょう。

まとめ

Word Pressでサイトマップ用のページを追加する方法を紹介しました。サイトマップは、検索エンジンのインデックスに登録するためだけではなく、人間に対してサイトの構造を伝えるためのものでもあります。一度今回の設定をしておけば、記事や固定ページが追加されると自動的にサイトマップページにも追加されます。

作成した記事を、自動的に検索エンジンに通知するための方法は、以下の記事を参考にしてください。

【WordPress】ブログ記事を自動的にインデックス登録する方法【投稿と連動】

続きを見る

ブログランキングに参加しています。記事を気に入ってくださったら是非クリックで応援お願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ   インデックス投資人気ブログランキング

-ブログ運営

© 2020 Hoehoe Blog