ブログ運営

【WordPress】安全にパーマリンク設定を変更するRedirectionプラグイン【安全】

こんにちは、ほえほえです。

WordPressでパーマリンク設定を変更する際に、気をつけないと、過去のSEO効果が失われてしまいます。安全にWordPressのパーマリンク設定を変更するためには、URLのリダイレクションという方法を使います。WordPressでは、Redirectionプラグインを使うことで、URLリダイレクションを簡単に行うことができます。

本記事では、WordPressのRedirectionプラグインのインストールと設定方法、安全にパーマリンク設定を変更するための手順について紹介します。

注意ポイント

WordPressは投稿と固定ページのパーマリンクの変更があった場合、自動的にリダイレクトの設定をしてくれています。そのため、パーマリンクを変更するだけであればこのRedirectionプラグインは不要です。ただし、パーマリンク設定を変更した場合は、自動的なリダイレクト設定は行われないため、個別にリダイレクト設定を行う必要があります。

Redirectionプラグインが必要な場合と不要な場合

Redirectionプラグインが不要な場合

投稿や固定ページのパーマリンクを変更した場合は、WordPressが自動的にRedirectを設定してくれます。そのため、この場合はRedirectionプラグインを使った転送設定は不要です。

変更前

変更後

参考

WordPresssが自動的にリダイレクト設定をしてくれた場合、WordPressの画面上からは対応関係が確認出来ません。そのため、リダイレクトの対応関係を可視化するためにも、Redirectionは入れておくことをおすすめします。

Redirectionプラグインが必要な場合

パーマリンク設定を変更した場合は、WordPressが自動的にRedirectを設定してくれません。そのため、Redirectionプラグインをインストールした上で、自分で転送設定が必要です。

変更前

変更後

注意ポイント

他にも、URLが別のサイトに変更になる場合なども、Redirectionプラグインが必要です。

パーマリンク設定を変更することのデメリット

WordPressでパーマリンク設定を変更すると、以下のようなデメリットがあります。

他のWebページからのリンクが全てアクセス不可になる

パーマリンク設定を変更すると、URLが変更になります。他のページからリンクを設置されている場合、外部のサイト全てにURLの変更依頼をすることは現実的ではありません。

ソーシャルカウント(SNSによるシェア数)がリセットされる

記事がSNSでシェアされると、その回数はGoogleでカウントされています。カウント数が多ければ多いほど、より高いSEO効果が期待出来ます。このカウント数をソーシャルカウントと呼びます。しかし、パーマリンク設定を変更すると、URLが変更されてしまうため、URLに紐付いたソーシャルカウントはリセットされてしまいます。

SEO評価がリセットされる

パーマリンク設定が変更になると、全ての記事がのURLが変更になってしまいます。従って、これら古いURLで獲得したSEOの効果はリセットされてしまいます。

URLを安全に変更するためのURLリダイレクトとは?

URLリダイレクトとは、WEBページを訪問したユーザーを別のURLに自動的に誘導・転送するためのしくみです。検索エンジンの評価を新しいページに引き継ぐことも出来ます。

従って、リダイレクトは、せっかく訪問してくれたユーザーにとってメリットがあるだけではなく、SEOの観点でも重要です。

URLリダイレクトの種類の使い分け

URLリダイレクトについて説明してきましたが、SEOの観点では、推奨されません。できるだけURLを変更する必要がないようにしましょう。

どうしてもURLを変更する必要が発生した場合のみ、URLリダイレクトの方法を取るようにしましょう。その場合のステータスコードとしては、以下の2種類が使われます。

Googleではどちらのリダイレクトを使用してもSEO評価を引き継いでくれるので、ご自身のシチュエーションにあわせて、適切なステータスコードを選択してください。

301リダイレクト

恒久的なリダイレクトを意味します。以下のような場合に使用されます。

  • ページのURLが移転され、元のURLに戻ることがない場合
  • サイト全体を移転した場合
  • httpにアクセスしたユーザーをhttpsのページに誘導する場合
  • index.htmlの有無、wwwの有無など、統一する場合

302リダイレクト

一時的なリダイレクトを意味します。以下のような場合に使用されます。

  • メンテナンスなどで、一時的にサイトを別URLで運営する場合
  • デスクトップとモバイルで異なるURLが割り当てられているが、デバイスに応じて一方から他方へ転送する場合

参考

ステータスコードとは、HTTPステータスコード(HTTP Status Code)とも呼ばれる、HTMLを表示する前にブラウザが受取る3桁の番号です。各番号にはそれぞれ意味がつけられており、この3桁の番号を受信することで、ブラウザが正しい処理が出来るようになっています。

Redirectionプラグインのインストール方法

最初にWordPressにRedirectionプラグインをインストールします。

Redirectionプラグインのインストール手順

  1. WordPressの管理画面から、プラグイン、新規追加とクリックします。
  2. 「Redirection」で検索し、インストール、有効化をします。

Redirectionの初期セットアップ手順

管理画面左メニューのツールから、Redirectionを選択します。セット画面が表示されますので、何も選択せず、セットアップを開始ボタンをクリックします。

基本セットアップ画面では、3つのチェックボックスが表示されます。全てにチェックを入れて、セットアップを続行ボタンをクリックしてください。リダイレクト処理をしっかりと活用するためには、いずれの機能もチェックを入れた方が良いでしょう。

基本セットアップ設定項目

  • Monitor permalink changes in WordPress posts and pages.:投稿と固定ページのリンクが変更された場合、自動的にリダイレクトを作成します。
  • すべてのリダイレクトと404エラーのログを保存する。:発生した全てのリダイレクトと404エラーのログを保存します。
  • Store IP information for redirects and 404 errors.:リダイレクトと404エラー発生時のログにIPアドレスを保存します。

REST APIの設定画面では、特に何も設定する必要はありませんので、 セットアップ完了ボタンをクリックします。

Redirectionを設定画面もそのまま、完了ボタンをクリックします。

Importing Existing Redirects画面が表示されます。WordPressは、投稿のURLを監視しており変更された場合には、自動的にRedirectionを設定してくれます。この設定をImportしてくれる機能です。これもチェックを入れてContinueをクリックします。

Importされたリダイレクト設定の確認

インストールすると、場合によっては以下のように、最初からリダイレクト設定が登録されています。これは、初期セットアップ時に、Importを行ったためです。

私の場合は、過去に記事に対してパーマリンクの設定を変更していたために、これらの設定が自動的にインポートされました。これらについては、特に触れる必要はありません。

参考

WordPressはパーマリンクの変更があった場合、自動的にリダイレクトを設定してくれます。Redirectionをインストールすると、これらの設定もImportしてくれるため、どのパーマリンクでどの程度リダイレクトが発生しているか、確認することが出来ます。

Redirectionへの新規転送ルールの追加

それでは、新規転送ルールを追加してみましょう。

設定手順

  1. 設定画面下部にある、新しい転送ルールを追加欄を開きます、
  2. 歯車のマークをクリックして、詳細入力欄を開きます。
  3. 設定内容に従って、転送設定を入力します。
  4. 転送ルールを追加ボタンをクリックします。

転送設定の入力例

  • ソースURL:リダイレクト元のURLを指定します
  • ターゲットURL:転送先のURLを指定します
  • 次のHTTPコードと共に:301-恒久的に移動を指定します
  • グループ:転送ルールを指定します

ここでは、以下のように転送元のURLを転送後のURLにリダイレクトするように設定しています。

  • 転送元:https://lifehack.world/2020/09/11/test-change-url/
  • 転送後:https://lifehack.world/test-change-url/

正常に登録されると、以下のように転送ルール一覧にルールが追加されます。

以上で転送設定は完了です。

転送の動作確認

ブラウザから転送元のURLにアクセスし、転送後のURLに自動的に移動したら転送は正常に動作しています。

  • 転送元:https://lifehack.world/2020/09/11/test-change-url/
  • 転送後:https://lifehack.world/test-change-url/

以下のように、ヒット数の数字が増加し、前回のアクセス日が記録されていることも併せて確認しましょう。

まとめ

WordPressでURLのリダイレクトを、プラグインを使って簡単に行う方法を紹介しました。パーマリンク設定は出来るだけ後から変更が発生しないように、WordPressのインストール直後に設定するようにしましょう。パーマリンク設定は後から変更しないことが望ましいですが、もし変更が発生した場合は、こちらの方法をご活用ください。

ブログランキングに参加しています。記事を気に入ってくださったら是非クリックで応援お願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ   インデックス投資人気ブログランキング

-ブログ運営

© 2020 Hoehoe Blog