WordPress ブロックエディタでセルの結合など複雑なテーブルを作成を可能にするFlexible Table Blockプラグイン

person using macbook pro on person s lap

ブロックエディタのデフォルトのテーブルではセルの結合など,複雑なテーブルを作成することが出来ません.プラグインのFlexible Table Blockを利用することで複雑なテーブルの作成も可能になります.

目次

Flexible Table Blockで作成できるテーブル

Flexible Table Blockを使うと,以下のようなセルの結合がされたテーブルもBlock Editorで簡単に作成することが出来ます.

編集画面も以下のように大変シンプルで分かりやすいです.

Flexible Table Blockのインストール

管理メニュー→新規追加から Flexible Table Blockを探してインストールしてください.

WordPress.org 日本語
Flexible Table Block Flexible Table Block は、自由な構成でテーブルを作成できる WordPress のブロックエディター用カスタムブロックプラグインです。

管理メニューには設定項目はありません.

テーブルの作成

ブロックエディタを開き,ブロックの追加でFlexible Tableを挿入します./flexible tableでも呼び出せます.

以下のようなダイアログが表示されますので,作成した行・列数やヘッダー・フッターの有無を選択して表を作成をクリックします.

空のテーブルが作成されます.結合したいセルをShiftキーを押しながら選択し,メニューのテーブルマークからセルの結合をクリックします.

すると,以下のようにセルが結合されました.

最終的にこのようなテーブルになりました.

実際に記事では以下のように表示されます.

Flexible Table Block のテーブル設定

Flexible Table Blockの設定はテーブル個別の設定とグローバル設定の2種類があります.いずれもブロックエディタで記事を編集中に,Flexible Table Blockのブロックを選択した状態で,ブロックの設定内から行えます.

テーブル個別の設定

以下は実際に設定できる内容の例です.

グローバル設定

グローバル設定をしておくことで,記事に埋め込んだすべてのFlexible Table Blockブロックに同一の設定を反映させる事ができるため,ブログ内でテーブルの見た目や挙動を統一することが出来ます.

グローバル設定は以下のように, Flexible Table Blockのブロックを選択した状態でブロックの設定画面内にあるグローバル設定ボタンから行えます.

グローバル設定の例です.

ブログランキングに参加しています。記事が役に立ったら是非クリックで応援お願いします。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
目次