WordPress バックアップ方法 BackWPupプラグインの使い方説明

photo of person typing on computer keyboard

WordPressのバックアップの方法として代表的なものは3つあります。

  1. サーバー提供会社のバックアップ機能を利用する
  2. WordPress標準のバックアップ方法 (Export) を使用する (非推奨)
  3. WordPressプラグイン (BackWPup) を使用する

各バックアップ方法のメリットデメリットと推奨されるBackWPupを使ったバックアップ方法について紹介します.

目次

サーバー提供会社のバックアップ方法

XServerの場合、バックアップデータと保管期間は以下のようになっています。基本的にはこちらの機能を用いることで、トラブルから復元するのが良いでしょう。

  • Webデータ(WordPressなど)・メールデータ:7日間(最新バージョンのサーバーは14日間。他のサーバーも順次14日に対応予定)
  • MYSQLデータベース:14日間

バックアップ自体は過去7日分まで保存されているので、必要になったタイミングで取得申請を行います。これらバックアップデータの取得・バックアップデータからの復元は管理画面から行えます。

また、サーバー領域データとMySQLはそれぞれ別のバックアップデータとして管理されているようです。

WordPress標準の方法でバックアップする (非推奨)

以下の方法でバックアップを取得できます。

  1. WordPress管理画面でツール > エクスポート でエクスポートする内容を選択
  2. エクスポートファイルをダウンロードをクリック

しかし、この方法ではプラグインのデータも含めたすべてのデータをバックアップ出来るわけではないため、推奨されません。

WordPressプラグイン (BackWPup) を使用したバックアップ方法

インストールと有効化

プラグイン > BackWPupを検索 > 今すぐインストールからインストールし、Activateします。

自動バックアップの設定

管理パネル > BackWPup > 新規ジョブを追加

管理パネル > BackWPup > ジョブ で以下のように作成したジョブが追加されていれば成功です。

手動バックアップの作成

任意のタイミングでバックアップを取得できるように、手動バックアップの設定も作成します。

管理パネル > BackWPup > 新規ジョブを追加 で新規ジョブ作成画面に移ります。

以下の2点以外はすべて自動バックアップで設定した内容と同じにします。

  • このジョブの名前 手動バックアップ
  • ジョブの開始 手動

ジョブが追加されていれば成功です。

手動バックアップの実行

以下のように進捗バーが100%まで到達すれば完了です。

管理パネル > バックアップ にダウンロードされたファイルの一覧が表示されています。対象のファイル上でダウンロードすればローカルにダウンロード出来ます。

作成されたバックアップは、サーバーの障害も想定してローカルまたはクラウドストレージサービス等に保存しておくのも良いでしょう。BackWPupの有料オプションでは、バックアップの作成先として、Google Cloud StgorageやAWS等のクラウドストレージサービスへの保存も可能になります。こちらも検討してみてください。

ブログランキングに参加しています。記事が役に立ったら是非クリックで応援お願いします。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
目次