投資

米国株コロナ暴落後のセクター別回復傾向

はじめに

2020/8/19にはS&P500が取引時間帯中最高値を更新しました。コロナショック直前の最高値が2020/2/19でしたので、約6ヶ月で最高値を取り戻したことになります。セクターごとに見てみるとどうでしょうか。順調な回復を見せているセクターもあれば、そうでないものもあります。本記事では、セクターごとにコロナショック時の下落率と回復率を分析してみます。

セクターごとの回復傾向

以下はセクターごとの株価、騰落率を示したものになります。10種類のセクターにベンチマークとしてS&P500を加えています。セクターETFにはバンガードのETFのデータを使用しています。

表にある日付は以下の意味を持ちます。

  • 2/19はコロナによるS&P500指数大幅下落の日付です。いわゆるS&P500の過去最高値の日です。
  • 3/23は2/19から8/19まででS&P500指数が最も低い値をつけた日付、いわゆるS&P500の底値の日です。
  • 8/19はS&P500指数が最高値を更新した日付です。いわゆるS&P500の全戻しの日です。

この表は一番右のカラムすなわち2/19から8/19までの騰落率でソートしています。

セクターを下落率と上昇率のセグメントで分類してみます

以下のバブルチャートは、下落率 (2/19 →3/23)と上昇率 (3/23 → 8/19)をバブルチャートにしたものです。

  • バブルの大きさは回復率(2/19→8/19)を表しています。
  • バブルの色の意味は次の通りです。緑バブル:回復済、赤バブル:回復中

以下の4つのセグメントに分類することが出来ます。

セグメント セクター 分析
低下落・高上昇
  • 一般消費財・サービス
  • 情報技術
  • 素材
そもそもコロナショックでの下落が小さく、かつコロナ需要により高い回復を示した
低下落・低上昇
  • ヘルスケア
  • 通信サービス
  • 生活必需品
  • 公益事業
  • S&P500
いわゆる景気の影響を受けにくい防衛セクターにあたり下落が小さかったが、回復も遅い
高下落・低上昇
  • 金融
  • 資本財・サービス
  • エネルギー
コロナで大幅に下落しました。その後の回復も比較的ゆっくりです。

まとめ

S&P500指数はコロナショック前の最高値を更新しました。セクターごとに好調不調を見てきました。今後は、コロナ後に順調な回復を見せたセクターのさらなる回復と、回復途上にあるセクターの順調な回復がS&P500指数全体のさらなる最高値更新の鍵となります。

ブログランキングに参加しています。記事を気に入ってくださったら是非クリックで応援お願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ   インデックス投資人気ブログランキング

-投資

© 2020 Hoehoe Blog