Mac Homebrewでアプリケーションをコマンドラインでインストールする

internet technology computer display

HomebrewはMac用のパッケージ管理システムです.Macにアプリケーションをインストールする際に,Homebrewでインストールすることで,コマンドラインでインストールコマンドを扱えます.このことによって,新しいMacに環境構築をする場合でもコマンドラインからシェルスクリプトで必要なアプリケーションを一気にインストールすることが可能になります.

目次

Homebrewのインストール

% /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

途中でXcode Command Line Toolsのインストールを行います.

The Xcode command Line Tools will be installed.

Press Return to continue or any other key to abort
Password:

インストール完了後,~/.zprofileに以下が追記されていることを確認します.

eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"

brew doctorを実行します.

% brew doctor
Your system is ready to brew.

Homebrew経由でアプリケーションのインストール

Brewのページにアクセスします.

検索ボックスでインストールしたいアプリケーションを検索します.

例として,Google日本語入力 google-japanese-imeを検索します.Install command:欄に表示されているコマンドをターミナルで入力すればアプリケーションがインストール出来ます.

$ brew install --cask google-japanese-ime

C++の場合.gccで検索します.

brew install gcc

--caskオプションがついているものはGUIアプリケーション,ついていないものはCUIアプリケーションです.

brewでインストール出来るアプリケーションを検索する

インストールしたいアプリケーションのキーワードはわかっても,実際にbrewでどのようなパッケージ名か知るには,brew searchコマンドを使います.

FormulaeはCUIアプリケーション,CasksはGUIアプリケーションです.

% brew search google
==> Formulae
aws-google-auth                  google-go                        google-sql-tool                  goose
google-authenticator-libpam      google-java-format               googler
google-benchmark                 google-sparsehash                googletest

==> Casks
google-ads-editor                            google-chrome-canary                         google-japanese-ime-dev
google-analytics-opt-out                     google-chrome-dev                            google-trends
google-assistant                             google-cloud-sdk                             google-web-designer
google-chat                                  google-drive                                 googleappengine
google-chat-electron                         google-drive-file-stream                     marshallofsound-google-play-music-player
google-chrome                                google-earth-pro                             moefe-google-translate
google-chrome-beta                           google-japanese-ime

シェルスクリプトを作成してアプリケーションのインストールを自動で済ませる

新しいMacに移行する際に,毎回同じアプリケーションのインストールをするのは手間です.インストールするアプリケーションをshellスクリプトに一覧しておけば,コマンド1つでインストールが完了出来ます.

以下は例です.

#!bin/sh
brew install --cask vlc
brew install --cask microsoft-office
brew install --cask deepl
brew install --cask sourcetree
brew install --cask parallels
brew install --cask path-finder
brew install --cask notion
brew install pdftk-java
brew install pyenv
brew install gcc
brew install ncurses
brew install docker

以下のコマンドでインストールを実行できます.

sh ./ファイル名

brewのコマンド

コマンド説明
brew search キーワードパッケージ名検索
brew install パッケージ名インストール
brew uninstall パッケージ名アンインストール
brew listインストール済パッケージの一覧
brew doctorbrew関連の問題検出
brew updatebrew自体のアップデート
brew upgradebrew自体のアップデート +
インストール済アプリケーションのアップデート
brew info パッケージ名インストール済パッケージの」バージョン情報
brew switch パッケージ名 パッケージパッケージのバージョン切り替え
brew clean古いバージョンのパッケージの削除 [*1]
brew –configbrew関連のローカルの設定の確認

[*1] 以前はアップグレード後,古いバージョンのパッケージが残ったままになっていたようですが,現在はbrew upgrade後実行後30日後に自動的にキャッシュが削除されるようです.(ただ,これだと過去バージョンにbrew switchしたい場合に困るのでは?)

Homebrewのデメリット

Redditのスレッドに以下のようなコメントがあります.Homebrewで提供されるツールはオフィシャルな方法で提供されたものではないからおかしくなてもサポートは受けられない.ということです.このようなリスクについても理解しておくのが良いでしょう.

Homebrew doesn’t do things the Unix way, doesn’t do things the Mac way, it’s hack-y and it breaks itself a lot. Even the way it installs is problematic.

If you care about having a stable/usable system at all times and if you’re not a developer, I highly recommend you stay away from tools such as Homebrew, MacPorts, mas cli, etc.

These tools won’t be an officially supported installation method for most if not all (GUI) applications that I imagine you would be installing through them. Meaning you’re not likely to receive any support from the app’s developer when things break (which will absolutely happen).

Homebrew vs Appstore : MacOS

参考

ブログランキングに参加しています。記事が役に立ったら是非クリックで応援お願いします。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
目次