Mac anyenvでxxenv系をまとめる

person using macbook pro on person s lap
目次

anyenvのインストール

anyenvにはhome brewによる方法とgit cloneによる方法の2種類があります.

homebrewによるインストール

$ brew install anyenv
$ anyenv init
$ echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.zshrc

git cloneによるインストール.

2022/12/29時点では,公式の手順書にはecho 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.zshrcはありません.

$ git clone https://github.com/riywo/anyenv ~/.anyenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc
$ echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.zshrc
$ exec $SHELL -l
$ anyenv init
  • アップデートは,git pull origin master
  • アンインストールはrm -fR ~/.anyenv で良さそう.

今回はgit cloneでインストールしましたが,後々homebrewでのインストールに変更したいです.(変更済み)

プラグインのインストール

以下の2種類のプラグインをインストールします.

  • anyenv-update
    • インストールされている**envをアップデートするためのプラグイン.
    • anyenv updateコマンドが利用できるようになります.
  • anyenv-git
    • anyenv でgitコマンドが実行できるようにするためのプラグイン.
    • anyenv gitコマンドが利用できるようになります.

anyenv-updateのインストール

$ mkdir -p $(anyenv root)/plugins
$ git clone https://github.com/znz/anyenv-update.git $(anyenv root)/plugins/anyenv-update

anyenv commandsupdateが確認されればインストール成功.

anyenv-gitのインストール

$ git clone https://github.com/znz/anyenv-git.git $(anyenv root)/plugins/anyenv-git

anyenv commandsgit が確認されればインストール成功.

**envの管理

**envのインストール

% anyenv install rbenv
% anyenv install pyenv
% anyenv install jenv
% exec $SHELL -l

**envのアップデート

以下のコマンドでインストール済の**envがすべてアップデートされます.

% anyenv update

**envのバージョン確認

% anyenv global
jenv: system
pyenv: 3.10.7
rbenv: 3.1.2

% anyenv version
jenv: system (set by /Users/[username]/.anyenv/envs/jenv/version)
pyenv: 3.10.7 (set by /Users/[username]/.anyenv/envs/pyenv/version)
rbenv: 3.1.2 (set by /Users/[username]/.anyenv/envs/rbenv/version)

参考

ブログランキングに参加しています。記事が役に立ったら是非クリックで応援お願いします。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
目次