投資信託の投資先は個別株式?それともETF?

インデックスに連動する投資信託は相当するETFがあります。

これらの投資信託は、実際に指数の構成比率に合わせた米国株式を保有しているのでしょうか。あるいは該当するETFを保有しているのでしょうか。目論見書を通じて確認してみましょう。

目次

投資信託・ETFと連動する指数

例えば,S&P500指数やCRSP USトータル・マーケット・インデックスに連動する投資信託やETFとしては以下が有名です.

指数投資信託ETF
S&P500指数eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)VOO等
CRSP USトータル・マーケット・インデックス楽天・全米株式インデックス・ファンドVTI

結論

投資信託によって方針は異なります。目論見書で確認が出来ますが、例えば以下の二つの投資信託であれば以下のようになります。

投資信託投資対象
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)個別株式
楽天・全米株式インデックス・ファンドETF(VTI)

目論見書の確認

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

目論見書と運用報告書を見てみましょう。以下のページからダウンロード出来ます。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) | eMAXIS

投資方針の確認:目論見書

交付目論見書からは以下の記載を確認出来ますので、米国の株式に直接投資を行っているようです。

組れ資産の明細:運用報告書

実際に、直接個別の銘柄を組入資産として保有していることが分かります。

楽天・全米株式インデックス・ファンド

目論見書と運用報告書を見てみましょう。以下のページからダウンロード出来ます。

楽天・全米株式インデックス・ファンド | 投資信託・ETFのご案内 | 投資信託・ETFなら楽天投信投資顧問

投資方針の確認:目論見書

交付目論見書からは以下の記載を確認出来ますので、ETFであるVTIに投資を行っているようです。

組れ資産の明細:運用報告書

実際に、ETFを組入資産として保有していることが分かります。

結論

投資信託の投資対象が個別株式化、ETFのどちらであるか、確認を行いました。

  • 投資方針は目論見書で確認が出来ます。
  • 実際の組入銘柄は運用報告書で確認出来ます。
  • 投資信託によって異なり、2つの投資信託の例ではそれぞれ以下の結果になりました。
投資信託投資対象
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)個別株式
楽天・全米株式インデックス・ファンドETF(VTI)
ブログランキングに参加しています。記事が役に立ったら是非クリックで応援お願いします。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
目次