投資

ゴールドマン・サックスの5つのテーマ型ETF

ゴールドマン・サックスが運用している5つのテーマ型ETFについて紹介します。

5つのテーマ型ETFとは

  • ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントが販売する5種類のETF
  • 銘柄選定にビッグデータ/AIを活用しイノベーションとの関連度が高い企業に投資
  • 日本の大手ネット証券会社(楽天証券、SBI証券、マネックス証券)から購入可能

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントは、今後世界を変えるであろう5つのイノベーション(革新的な変化)に注目します。銘柄選定にビッグデータ/AIなどの先進的なテクノロジーを活用し、イノベーションとの関連度が高い企業に投資します。

Goldman Sachs ETF ゴールドマン ・サックス ETF | ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント

概要

ETF名 ティッカーシンボル
GSデータイノベーションETF GDAT
GS 金融イノベーションETF GFIN
GS ヘルスケアイノベーション・インデックス GDNA
GS 製造イノベーションETF GMAN
GS 消費イノベーション・インデックス GBUY
  • GSデータイノベーションETF (GDAT)
    • データ量が爆発的に増えていく中で、これまで分析が難しかった画像や音声などのデータも、AIの発展に伴ってビジネスへの活用が始まっています。同時に、サイバーセキュリティのようなデータを管理するビジネスも、今後の発展が期待できます。このような環境の変化から恩恵の享受が期待されるのが「GS データイノベーションETF」です。
    • サブテーマ:●Eコマース ●ソーシャルメディア ●モノより体験 ●教育の進化 ●オンラインゲーム ●オンライン音楽/動画 ●健康関連消費
  • GS 金融イノベーションETF (GFIN)
    • テクノロジーの発展によって、オンライン決済やアプリでの送金などが私たちの生活を便利にし、お金そのもののあり方が変わってきています。また、資産運用の世界でも、テクノロジーの活用が進むでしょう。このような環境の変化から恩恵の享受が期待されるのが「GS 金融イノベーションETF」です。
    • サブテーマ:●AI(人工知能)  ●IoT(Internet of Things)●データインフラ ●ビッグデータ ●サイバーセキュリティー
  • GS ヘルスケアイノベーション・インデックス (GDNA)
    • 遺伝子解析技術の進化により、個人の遺伝子が解析され、オーダーメイドの治療が始まっています。一人ひとりにあった薬が作られる未来も近くまできています。また、ロボットの活用により、より高度な手術が可能になるでしょう。このような環境の変化から恩恵の享受が期待されるのが「GS ヘルスケアイノベーションETF」です。
    • サブテーマ:●高精度医療 ●ゲノミクス ●長寿命化 ●ロボット支援手術 ●デジタルヘルスケア
  • GS 製造イノベーションETF (GMAN)
    • ロボットの普及により、工場などではすでに製造プロセスの高度化が進んでいます。また、未来型モビリティの発展によって、自動運転や渋滞のない世界が現実的になってきています。このような環境の変化から恩恵の享受が期待されるのが「GS 製造イノベーションETF」です。
    • サブテーマ:●ロボティクス ●3Dプリンティング ●未来型モビリティ ●ドローン ●クリーンエネルギー
  • GS 消費イノベーション・インデックス (GBUY)
    • Eコマースが発達し、私たちの買い物の仕方は変わってきています。一方、モノより体験を重視する新世代の台頭により、旅行やイベントなど、体験型消費も拡大していくでしょう。このような環境の変化から恩恵の享受が期待されるのが「GS 消費イノベーションETF」です。
    • サブテーマ:●Eコマース ●ソーシャルメディア ●モノより体験 ●教育の進化 ●オンラインゲーム ●オンライン音楽/動画 ●健康関連消費

各銘柄の比較

GDAT GFIN GDNA GMAN GBUY QQQ
運営会社 Goldman Sachs Goldman Sachs Goldman Sachs Goldman Sachs Goldman Sachs Invesco
ファンド設立日 2019/3/1 2019/3/1 2019/3/1 2019/3/1 2019/3/1 1999/3/10
ファンド経費率 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.20%
配当率 0.93% 0.78% 0.32% 0.67% 0.25% 0.66%
純資産額 32.95M 25.55M 28.44M 18.84M 36.83M 115.23B
投資地域 グローバル グローバル グローバル グローバル グローバル U.S.
銘柄数 120 119 119 122 120 100

ベンチマークのためにQQQも入れています。データはいずれも7/28時点にYahoo! Finance, ETF.db, またはSBIで証券から取得したものです。以下にQQQと比較した場合の特徴をまとめます。

  • Goldman Sachsが運営
  • 投資対象は米国ではなくグローバル
  • ファンド設立からまだ日が浅い
  • 純資産額が小さい (QQQの1,000分の1程度)
  • 経費率が高い
  • 配当率は比較的高いものもある
  • 銘柄数は120程度とQQQと同程度の分散
セクター GDAT GFIN GDNA GMAN GBUY
素材 0.35% 4.96%
一般消費財 8.01% 0.15% 23.09% 46.62%
金融 2.72% 47.40%
不動産 3.38% 2.84%
生活必需品 1.08% 10.49%
ヘルスケア 0.27% 99.78% 2.47% 1.60%
公益事業 0.28%
電気通信サービス 10.45% 4.96% 0.36% 37.83%
エネルギー 1.50%
資本財・サービス 1.75% 4.50% 31.86% 0.85%
情報技術 73.69% 39.52% 0.22% 34.40% 2.62%
合計 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00%

10%以上のセクターを太字にしている。

  • GDATは情報技術73.69%、電気通信サービス1.45%、その他で構成
  • GFINは金融47.40%、情報技術39.52%、その他で構成
  • GDNAはヘルスケア99.78%、その他で構成
  • GMANは情報技術34.40%、資本財・サービス31.86%、一般消費財23.09%、その他で構成
  • GBUYは一般消費財46.62%、電気通信サービス37.83%、生活必需品10.49%、その他で構成

各ETFの構成銘柄

GDAT

Top 10 Holdings (29.19% of Total Assets)
Name Symbol % Assets
NVIDIA Corp NVDA 4.15%
Amazon.com Inc AMZN 3.84%
Microsoft Corp MSFT 3.60%
Alphabet Inc A GOOGL 3.00%
Apple Inc AAPL 2.95%
Intel Corp INTC 2.90%
Facebook Inc A FB 2.87%
Adobe Inc ADBE 2.07%
SAP SE SAP.DE 1.95%
Alibaba Group Holding Ltd ADR BABA 1.86%
データとAIを活用している企業代表である、GAFAM全社が名を連ねる。GPUコンピューティングでAIに貢献するNVIDIAも含まれる。

GFIN

Top 10 Holdings (27.71% of Total Assets)

Name Symbol % Assets
Mastercard Inc A MA 4.89%
Visa Inc Class A V 4.12%
Square Inc A SQ 3.77%
PayPal Holdings Inc PYPL 3.32%
Fidelity National Information Services Inc FIS 2.24%
Intuit Inc INTU 2.10%
Worldline SA WLN.PA 2.02%
American Express Co AXP 1.80%
Fiserv Inc FISV 1.74%
Blackstone Group Inc BX 1.71%
VISA、American Express、Mastercardといったカード企業が上位を占める。さらにはPaypalやSquareといったオンライン決済企業も含まれる。

GDNA

Top 10 Holdings (29.14% of Total Assets)

Name Symbol % Assets
Intuitive Surgical Inc ISRG 4.23%
Abbott Laboratories ABT 3.55%
Medtronic PLC MDT 3.25%
Johnson & Johnson JNJ 2.92%
Fresenius Medical Care AG & Co. KGaA FME.DE 2.84%
Roche Holding AG Dividend Right Cert. ROG 2.83%
AstraZeneca PLC AZN.L 2.67%
Boston Scientific Corp BSX 2.62%
Sanofi SA SAN.PA 2.15%
BeiGene Ltd ADR BGNE 2.08%
手術ロボット製造のISRG、医療製品のAbbottをはじめ、製薬関連銘柄が多く含まれる。

GMAN

Top 10 Holdings (25.88% of Total Assets)

Name Symbol % Assets
Tesla Inc TSLA 4.99%
NVIDIA Corp NVDA 2.88%
ABB Ltd ABBN 2.83%
Amazon.com Inc AMZN 2.70%
Rockwell Automation Inc ROK 2.52%
Keyence Corp 6861 2.19%
Dassault Systemes SE DSY.PA 2.05%
Schneider Electric SE SU.PA 2.00%
JD.com Inc ADR JD 1.94%
Ansys Inc ANSS 1.78%
産業ロボットメーカーのABB、産業オートメーション製造のROK、ECのAMZNが名を連ねます。他にも日本のキーエンスも上位構成銘柄に含まれています。

GBUY

Top 10 Holdings (25.55% of Total Assets)

Name Symbol % Assets
Amazon.com Inc AMZN 3.30%
Tencent Holdings Ltd 700 3.22%
Facebook Inc A FB 3.05%
Alibaba Group Holding Ltd ADR BABA 2.79%
Netflix Inc NFLX 2.39%
Meituan Dianping 3690 2.37%
JD.com Inc ADR JD 2.31%
Pinduoduo Inc ADR PDD 2.29%
Sea Ltd ADR SE.SI 1.97%
Spotify Technology SA SPOT 1.86%
ECのAMZN、BABAをはじめ、ソーシャルのFB、Tencentが含まれる。単純なモノの消費だけではなく体験の消費関連の銘柄が含まれるのが特徴的である。

株価騰落率の比較

過去2年間のチャート

QQQが全てを優先する。GBUYはかなりQQQに近い。

YTDのチャート

2020年からの株価上昇率。GBUYのみがQQQを優先する。コロナによるEC需要の恩恵を受けている影響が大きいだろう。一方でGBUY以外は全てQQQを劣後している。

トータルパフォーマンスの比較

株価上昇率と配当利回りをあわせたトータルパフォーマンスを見てみます。ベンチマークとしてQQQとVOOを足します。

Trailing Returns (%) Day End比較

ティッカーシンボル 1-Day 1-Week 1-Month 3-Month YTD 1-Year 3-Year 5-Year
GDAT -1.09 -1.38 7.25 21.24 14.85 23.25
GFIN -1.05 -1.69 5.8 21.12 5.68 7.98
GDNA -1.02 -1.87 8.71 15.53 13.31 23.24
GMAN -1.11 -1.86 12.14 27.24 11.85 25.62
GBUY -0.37 -1.32 6.86 33.38 28.36 37.52
QQQ -1.27 -2.72 6.91 21.63 21.25 32.56 22.32 19.34
VOO -0.62 -1.17 7.05 12.93 0.73 8.46 11.34 11.2

※3-Year, 5-Yearは年利回りに換算済。データはMorningstar.comより引用。

  • GBUYは1-Year, YTD,3-Monthの全ての期間で、最も高いパフォーマンス。2020年コロナショック後のEC需要による回復影響が大きい
  • YTDではいずれもVOOを大きく上回るパフォーマンス
  • 1-Yearでは、GFINのみがVOOと同程度のパフォーマンスで、その他はどれも20%を超える高いパフォーマンス

まとめ

ゴールドマン・サックスが運用している5つのテーマ型ETFについて紹介しました。以下にメリット・デメリットをまとめます。

メリット デメリット
  • GFIN以外は1-Yearで比較的高いトータルパフォーマンス
  • QQQと同程度の120銘柄への分散
  • QQQと違い特定の分野に対する集中投資
  • グローバルへの投資
  • 経費率の高さ
  • ファンド設立日からの日の浅さ
  • 純資産の少なさ
  • テーマが外れた時のリスク

是非皆様の投資にご活用いただければ幸いです。

ブログランキングに参加しています。記事を気に入ってくださったら是非クリックで応援お願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ   インデックス投資人気ブログランキング

-投資

© 2020 Hoehoe Blog