Git GitHub CLIの導入と設定

person holding a small paper
目次

インストール

Macではbrewでインストール可能です.

brew install gh

認証

最初に自分のGitHubアカウントと連携するために認証します.何かしらの gh auth loginコマンドを打つと認証を求められます.

% gh auth login

インタラクティブセッションで選択肢を聞かれますので,回答していきます.

? What account do you want to log into?  [Use arrows to move, type to filter]
> GitHub.com
  GitHub Enterprise Server

? What is your preferred protocol for Git operations?  [Use arrows to move, type to filter]
> HTTPS
  SSH

? Authenticate Git with your GitHub credentials? (Y/n) Y

? How would you like to authenticate GitHub CLI?  [Use arrows to move, type to filter]
> Login with a web browser
  Paste an authentication token

! First copy your one-time code: XXXX-XXXX
Press Enter to open github.com in your browser...

How would you like to authenticate GitHub CLILogin with a web browserを選択した場合,Webブラウザが立ち上がります.one-time codeを入力し,案内に従って進めます.

ターミナルに以下のように表示されGitHub CLIのインストールが完了します.

✓ Authentication complete.
- gh config set -h github.com git_protocol https
✓ Configured git protocol
✓ Logged in as [username]

shellでghコマンドの補完機能を利用出来るようにします. GitHub CLI | Take GitHub to the command line brewでインストールした場合は自動的に補完スクリプトもインストールされるようです..zshrcでbrewの補完スクリプト配置場所/opt/homebrew/share/zsh/site-functionsが$fpathに追加されていることを確認してください.

% ls -alh /opt/homebrew/share/zsh/site-functions

lrwxr-xr-x  1 [username]  admin    54B 12 31 12:53 _gh@ -> ../../../Cellar/gh/2.21.1/share/zsh/site-functions/_gh

GitHub CLIコマンド

以下がマニュアルです.

GitHub CLI | Take GitHub to the command line

参考

ブログランキングに参加しています。記事が役に立ったら是非クリックで応援お願いします。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
目次