投資

【米国】GAFAMを含むETFを徹底分析!【インデックス】

ほえほえ
こんにちは、ほえほえです。

2020年7月最終週はGAFAMの決算発表があり、それらのほとんどが良い結果に終わりました。これを受けてGAFAMをポジションとして保有したいと考えた方も多いのではないでしょうか。しかしGAFAMを個別に保有すれば、管理対象のポジションも増えますし個別に持てばリスクも伴います。そこで、GAFAMを個別銘柄として保有せずにETFとして保有することを検討します。

GAFAMのパフォーマンスではAMZNがベスト

YTD(2020年)でも5-Y(過去5年間)でもAMZNがトップです。

GAFAMの株価チャート:YTD

2020年年初からのパフォーマンスは、Amazonがダントツのパフォーマンスで他を引き離しています。コロナ渦における高いEC需要が主要因で圧倒的な回復を見せました。

※2020/8/2時点のデータ

GAFAMの株価チャート:5Y

過去5年間でもやはりAmazonが最もパフォーマンスが高く、Microsoftが続きます。

2020年初来、過去5年間いずれもGAFAMの中ではAmazon株価上昇率は最高

日本で買えるGAFAMを含む代表的なETF

日本の証券会社で購入出来るETFで、GAFAMを含むを代表的なものは以下になります。

※他にもGAFAMを含むものはあります。

※2020/7/30確認時点のデータ

  • 経費率は若干の差はあるがどれも同程度
  • 純資産額はXLCのみ若干低いが他は大差なし
  • 構成銘柄はXLCのみ27と少なく少数銘柄に集中
  • 全体的に配当率は高め

各ETFの説明は以下の通りとなります。

  • QQQ
    • ファンド名称:Invesco QQQ Trust
    • ファンド概要:インベスコQQQトラスト・シリーズ1(Invesco QQQ Trust Series 1)は、米国籍のETF( 上場投資信託)。ナスダックに上場している時価総額が最大規模の非金融企業100社を含 むナスダック100指数に連動した投資成果を目指す。指数はコンピューターハードウエア ・ソフトウエア、通信、小売り・卸売り、貿易、バイオテクノロジーなどの主要業界の企業を反映。
  • VUG
    • ファンド名称:Vanguard Growth ETF
    • ファンド概要:バンガードグロースETFは、米国籍の上場投資信託。CRSP USラージキャップ・グロース・インデックスに連動する投資成果を目指す。全資産をインデックス構成銘柄に同比率で投資する。
  • VGT
    • ファンド名称:Vanguard Information Technology Index Fund ETF Shares
    • ファンド概要:バンガード情報技術ETF(Vanguard Information Technology ETF)は、米国籍のETF(上 場投資信託)。MSCI US Investable Market Information Technology紙数の構成銘柄のうち、あらゆる時価総額規模のテクノロジー株のパフォーマンスに連動する投資成果を目指す。米国を中心としてコンピューターやソフトウエア、インターネット企業に投資する。
  • VIG
    • ファンド名称:Vanguard Dividend Appreciation Index Fund ETF Shares
    • ファンド概要:バンガード米国増配株式ETF(Vanguard Dividend Appreciation ETF)は、米国籍のETF (上場投資信託)。ナスダック米国ディビデンド・アチーバーズ・セレクト指数に連動する投資成果を目的とする。米国の中型・大型株を保有。過去10年間連続増配の米国の普通株(REITを除く)への投資に注力する。時価総額ベースで保有銘柄のウエートを算定。
  • XLC
    • ファンド名称:Communication Services Select Sector SPDR Fund
    • ファンド概要:Communication Services Select Sector SPDR Funは、米国で設立された取引所上場ファンドです。通信サービス選択セクター指数を追跡します。この基金は、多様な通信サービス、無線通信サービス、メディア、エンターテインメント、インタラクティブメディア&サービスなどの業界の企業に投資します。
  • VOO
    • ファンド名称:Vanguard S&P 500 ETF
    • ファンド概要:バンガードS&P 500 ETF(Vanguard S&P 500 ETF)は、米国籍のETF(上場投資信託)。S&P500種指数のパフォーマンスに連動する投資成果を目指す。主に米国の大型株を保有。S&P500種指数の全構成銘柄に投資し、四半期ごとに時価総額加重平均を用いて保有銘柄のウエートを算定し、リバランスする。

セクター比率

各ETFのセクター構成比率は以下の通りです。

※2020/7/30確認時点のデータ

  • 全セクターを比較的バランス良く含むのはQQQ、VUG、VIG、VOO
  • VGTは情報技術、XLCは電気通信サービスに特化
  • VIGは成長分野の情報技術セクターの構成比率が小さい

構成銘柄

各ETFを構成する上位10銘柄は以下の通りです。構成銘柄データは全て2020/7/30確認時点のデータです。

QQQ

Top 10 Holdings (54.48% of Total Assets)

Name Symbol % Assets
Apple Inc AAPL 12.03%
Microsoft Corp MSFT 11.74%
Amazon.com Inc AMZN 10.47%
Facebook Inc A FB 4.15%
Alphabet Inc A GOOGL 3.71%
Alphabet Inc Class C GOOG 3.62%
Intel Corp INTC 2.46%
NVIDIA Corp NVDA 2.27%
Adobe Inc ADBE 2.04%
PayPal Holdings Inc PYPL 1.99%

VUG

Top 10 Holdings (42.56% of Total Assets)

Name Symbol % Assets
Microsoft Corp MSFT 9.66%
Apple Inc AAPL 8.79%
Amazon.com Inc AMZN 7.11%
Facebook Inc A FB 3.74%
Alphabet Inc A GOOGL 2.97%
Alphabet Inc Class C GOOG 2.89%
Visa Inc Class A V 2.23%
Mastercard Inc A MA 1.87%
The Home Depot Inc HD 1.87%
NVIDIA Corp NVDA 1.43%

VGT

Top 10 Holdings (58.73% of Total Assets)

Name Symbol % Assets
Apple Inc AAPL 18.20%
Microsoft Corp MSFT 17.32%
Visa Inc Class A V 4.07%
Intel Corp INTC 3.52%
Mastercard Inc A MA 3.52%
NVIDIA Corp NVDA 2.82%
Cisco Systems Inc CSCO 2.65%
Adobe Inc ADBE 2.44%
PayPal Holdings Inc PYPL 2.26%
Salesforce.com Inc CRM 1.93%

VIG

Top 10 Holdings (35.34% of Total Assets)

Name Symbol % Assets
Walmart Inc WMT 4.36%
Microsoft Corp MSFT 4.28%
Johnson & Johnson JNJ 4.19%
Visa Inc Class A V 3.90%
UnitedHealth Group Inc UNH 3.79%
Procter & Gamble Co PG 3.75%
The Home Depot Inc HD 3.55%
The Walt Disney Co DIS 2.77%
PepsiCo Inc PEP 2.39%
Comcast Corp Class A CMCSA 2.36%

XLC

Top 10 Holdings (77.38% of Total Assets)

Name Symbol % Assets
Facebook Inc A FB 21.56%
Alphabet Inc A GOOGL 11.44%
Alphabet Inc Class C GOOG 11.12%
T-Mobile US Inc TMUS 6.48%
Netflix Inc NFLX 4.79%
Activision Blizzard Inc ATVI 4.66%
AT&T Inc T 4.37%
Comcast Corp Class A CMCSA 4.35%
Electronic Arts Inc EA 4.31%
Charter Communications Inc A CHTR 4.30%

VOO

Top 10 Holdings (25.59% of Total Assets)

Name Symbol % Assets
Microsoft Corp MSFT 5.50%
Apple Inc AAPL 5.22%
Amazon.com Inc AMZN 4.00%
Facebook Inc A FB 2.13%
Alphabet Inc A GOOGL 1.69%
Alphabet Inc Class C GOOG 1.68%
Johnson & Johnson JNJ 1.54%
Berkshire Hathaway Inc Class B BRK.B 1.39%
Visa Inc Class A V 1.30%
Procter & Gamble Co PG 1.14%

GAFAM構成比率

各ETFのGAFAM構成比率は以下の通りです。

※2020/7/30確認時点のデータ

  • GAFAMが35%以上含まれるのはQQQ、VUG、XLC
  • GAFAMをバランスよく構成するのはQQQ、VUG、VOO
  • GAFAMを35%以上含み、バランス良く構成されるのはQQQとVUG
  • VGT、VUG、XLCはGAFAMのうち一部の銘柄のみを含む

パフォーマンス比較

各ETFの株価上昇率:YTD

QQQがトップで22.82%の株価上昇率を示しています。VUTとVGTが二番手のパフォーマンスを示します。

※2020年1月年初から7/31までの株価チャート

各ETFの株価上昇率:5Y

2020/7/30から遡って過去5年間では、VGTが最も高い株価上昇率を示します。

トータルパフォーマンス

各ETFのトータルパフォーマンス(株価上昇率+配当利回り)

※1年以上のケースは年利に換算

  • 比較的全期間に渡ってパフォーマンスが高いのは、QQQ、VUG、VGT
  • 3年、5年で最もパフォーマンスが高いのはVGT
  • コロナ後の回復が著しい情報技術セクター構成比率が低いVIGは唯一YTDが-0.36%とマイナス

GAFAMのトータルパフォーマンス(株価上昇率+配当利回り)

※1年以上のケースは年利に換算

  • 過去5年間のGAFAMの平均を超えているのは、AMZN、MSFT、AAPLのみ

各ETFのパフォーマンスをGAFAM平均と比較してみましょう。

※1年以上のケースは年利に換算

  • GAFAM平均のパフォーマンスが全てのETFを優先(2020/5/30-2020/7/30の3ヶ月を除く)
  • QQQ、VUG、VGTはGAFAM平均と差はあるが近いパフォーマンス

まとめ

最後に全ての結果を表でまとめて終わりたいと思います。

どれも一長一短ですので、一概にどれがベストと断じることは出来ませんが、GAFAM保有率を高めたいということであれば、個人的には比較的QQQがバランス良いと感じます。理由は以下です。

  • GAFAM構成比率が最も高く、かつ全てのGAFAMを含む
  • 15年、YTDとどの期間でも比較的高いトータルパフォーマンス
  • 経費率は若干高いが、経費率を上回るパフォーマンス実績
  • ほぼ全セクターでバランス良く構成しており、将来的なセクター循環も考慮
  • 純資産額は115.23Bと十分
  • ファンド設立から20年と十分な期間
  • 銘柄数は100とそれなりに分散

ブログランキングに参加しています。記事を気に入ってくださったら是非クリックで応援お願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ   インデックス投資人気ブログランキング

-投資

© 2020 Hoehoe Blog