【WordPress】Googleアドセンス狩りって何?Googleアドセンス狩り対策プラグインAdSense Invalid Click Protectorのインストールと設定

black laptop computer turned on showing computer codes

WordPressのアドセンス狩り対策プラグインAdSense Invalid Click Protector (AICP)のインストールと設定方法を紹介します.

目次

アドセンス狩りとは

そもそもアドセンス狩りとは何でしょうか?WeblioのITの用語辞典では以下のように説明されています。

アドセンス狩りとは、Google AdSenseの広告に対して第三者がAdSenseの規約に違反する行為を行い、運営者にアカウント停止等のペナルティが課されるように仕向けることを指す通称である。

アドセンス狩りとは何? Weblio辞書

具体的なアドセンス狩りの行為の例

アドセンス狩りの行為はどのように行われるのでしょうか。まずは、アドセンスのプログラムポリシーを確認してみます。

無効なクリックとインプレッションの項目に以下のような説明があります。

Google 広告のクリックは、ユーザーの純粋な興味で行われる必要があります。Google 広告を作為的にクリックまたは表示する行為は固く禁止されています。禁止されている行為には、反復的な手動のクリックや表示、クリックや表示を自動生成するツールの使用、ロボットや不正なソフトウェアの使用などがありますが、これらに限定されません。サイト運営者様がご自身のサイトに表示される広告をクリックする行為は、どのような理由があっても認められません。

AdSense プログラム ポリシー – AdSense ヘルプ

サイト運営者が、自分自身のサイトに表示される広告をクリックすることは認められていません。それは当然です。サイト運営者が自分自身で広告をクリックすることが認められてしまえば、何度も広告をクリックすることで、簡単に広告収益を増加することが出来てしまうからです。

仮にあなたに悪意を持つユーザーが、あなたのサイトの広告を何度もクリックする行為を繰り返したとするとどうなるでしょうか。Googleは、あなたがサイト訪問者のフリをして広告をクリックする行為を行っていると、みなすかもしれません。通常は、サイト訪問者に、何度も広告をクリックすることによるメリットは無いからです。

このように、何度もあなたのサイトの広告をクリックすることで、アドセンスのプログラムポリシー違反を引き起こし、あなたへのペナルティを引き起こすのです。

アドセンスのポリシー違反とみなされた場合どうなるのか

結論から言うと、以下のようなペナルティが課せられます。

  • サイトを修正するよう、警告メッセージが送られる。重大な違反の場合はページまたはサイトへの広告配信が直ちに停止される。
  • アカウントが停止されると、広告報酬の支払いが停止される。

具体的にポリシーを見てみましょう。

アドセンスのポリシー違反とみなされた場合の措置は、以下に記載があります。

Google では違反ページを発見した場合、サイトを修正するよう求める警告メッセージをお送りしており、重大な違反の場合はページまたはサイトへの広告配信を直ちに停止する措置を取らせていただいております。

ポリシー違反によるアカウントの警告と停止 – AdSense ヘルプ

これによると、違反となった場合は、サイトを修正する警告メッセージが送られるようになっており、重大な違反の場合は広告配信が停止されることになります。

アカウント警告を受け取っても、直ちにアカウントが無効になったり広告が表示されなくなったりすることはありません。ただし、違反がさらに発生した場合には高い確率でアカウントが停止または無効になる可能性があります。

ポリシー違反によるアカウントの警告と停止 – AdSense ヘルプ

更に、上述のように、違反がさらに発生した場合はアカウント停止または無効になる可能性があるとのことです。

アカウントが停止されると、すぐにお支払いの保留が実施され、停止期間中は広告が表示されなくなります

ポリシー違反によるアカウントの警告と停止 – AdSense ヘルプ

アカウントが停止されると、広告の報酬支払は止められてしまい、停止期間中は広告も表示されなくなるようです。このように、アドセンスのポリシー違反によって、厳しいペナルティが課せられてしまいます。

Googeアドセンスプログラムのポリシーは、自分自身が違反をしないためにもしっかりと確認しておくことをおすすめします。

WordPress用アドセンス狩り対策プラグインのインストールと設定

アドセンス狩りを対策していきましょう。WordPress用のプラグインを使います。「AICP」で検索し、インストールします。

AdSense Invalid Click Protector (AICP)とは、Google AdSenseアカウントを、不正なクリックから防いでくれるプラグインです。

設定は、プラグインのSettingsから行えます。

重要な設定項目は以下の3つです。

AICP設定値の例

  • Set the Ad Click Limit (上限のクリック数):3 回
  • Click Counter Cookie Expiration (クリックカウンターがリセットされる時間):3 時間
  • Set the Visitor Ban Duration (訪問者に対して広告を非表示にする期間):7 日

設定値はこの設定値では、AICPは以下のように動作します。

3時間以内に3回以上クリックされた場合、訪問者に対して7日間、広告を非表示にします。

もし、設定を厳しくしたい場合は、Click Counter Cookie Expirationを3よりも小さい値に設定しましょう。また緩くしたい場合は、この値をよりも大きい値に設定しましょう。Set the ad Click Limitは3から変更しないことをおすすめします。Googleアドセンスの違反ポリシーとなるクリックの上限数は分からないため、例えば、条件を緩めるために、Ad Click Limitを100にした場合、攻撃者を禁止する前に、Googleアドセンスの違反ポリシー条件を満たしてしまう可能性があるからです。そのため、条件の緩和と強化は、必ずClick Counter Cookie Expirationで行うようにしてください。

ショートコードの利用

https://seguimiii.com/note/aicpadsense

ブログランキングに参加しています。記事が役に立ったら是非クリックで応援お願いします。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次